スタッフブログ

6月10日(月)リニューアル記念オープンデイ開催します!

5月の風が爽やかな季節ですね!

本日はみなさんに
「みやした助産院1階リニューアル オープンデイ」イベントのご案内です。

みやした助産院は、昨今のニーズに応え、
他院でのご出産の方を含む産後の入院(産褥入院)に幅広く対応できるよう、
1階フロアを全面改装いたしました。
今回リニューアルの完成に伴い、お披露目を兼ねてオープンデイを開催いたします。

皆さまふるってご参加ください!

<オープンデーのタイムスケジュール>

11:00 オープン!! みやした’Sキッチンにてワンコイン(500円)ランチと、クッキー・パウンドケーキでティータイム

12:30~13:30 聖マリアンナ医科大学名誉教授 小児科医 堀内勁先生の育児なんでもQ &A コーナー

13:30~ アーユルヴェーダマッサージ、あんまマッサージ、クラニオセイクラルセラピーで疲れたお母さんの身体を癒します

1階施設は随時、ご自由にご覧ください。

ご家族、またはお友達とお誘いあわせの上ご来院くださいね!
スタッフ一同、みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~聖マリアンナ医科大学名誉教授 小児科医 堀内 勁 先生のメッセージです~

人間は人と人との触れ合いの中で生きています。言葉の触れ合い、まなざしの触れ合い、心の触れ合い、そして抱きしめあうこと。

人の心が豊かに育つために大切なことは、素直に甘えること、素直に甘えを受け容れること。そこから全てが始まります。乳幼児期にこの間柄を大切にすることが、子どもたち、そして親の健康のいしづえとなります。親と子が心を合わせる時間 が必要なのです。

母乳育児はお母さんと赤ちゃんに濃密な時を与えてくれます。それを支え、我が子とお母さんの時間を守るお父さんも、お母さんと赤ちゃんの時間を共有します。
生まれてすぐからの母乳育児は、お母さんと赤ちゃんの会話です。活発にお乳を吸われると、我が子の元気さを読み取ることができます。チュパッ、チュパッと吸っていると、この子は私のお乳を楽しんでいるのだとわかります。赤ちゃんがお乳を飲むときに見上げるお母さんの顔が喜びにあふれていると、みんなが自分を愛してくれているという安心感が赤ちゃんの心に芽生えます。そうです、オッパイ語での会話が母乳育児です。

お母さん、お父さん、子どもを中心とし、保健関係者が家族を守り、さらに社会が支えます。そうなってこそ、甘えていいんだよ、甘えを受け容れていいんだよという優しさが世界に広がっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ、ご質問等は下記までお願い致します。

みやした助産院
045-231-1788
info@miyashita.gr.jp

みやした助産院

TAGタグ