スタッフブログ

中学校で職業講話を行いました!

11月末に、横浜市内のある中学校1年生を対象に、助産師の仕事について職業講和をさせていただきましたflower2
そのなかで嬉しい出来事があったのでご紹介いたします。

 

 

それは…

「将来の夢がなかった私に、将来の夢ができました。それは『助産師』です。」

いう書き出しの、感想文ですpencil1

一部抜粋してご紹介します!

 

 

「助産師は、おなかの中で生きている赤ちゃんと、お母さん、家族の人生の『一生』を預かるということになります。
 『助産院』という場所は、お母さんや家族からの大切な命を預かる場所だと思いました。
 安心して預けていただくには、お母さんや家族からの信頼が必要になってくると思います。

 その信頼を得るためには、何をしたらいいか。
 それはどんな小さなことでも努力を続けることから始めると思います。
 そうすることで信頼は得られると思います。
 大切な『人生』を預かり、たくさんの命と向き合って、同じ仕事場の人たちと助け合って仕事をしたいと思い、将来の夢が『助産師』になりました。
 そんな素敵な夢を与えていただきました。」(一部省略)

 

 

助産師はお母さんと赤ちゃんの大切な命を預かること、そのためには信頼関係が必要であること、人から信頼を得るために何をしたらいいかなど、話を聞いて感じたこと考えたことを一生懸命につづってくれていましたleaf

 

講話により将来を考えるきっかけ作りができたこと、助産師になりたいと思ってくれたこと、そのような反響が得られたことに私自身嬉しく感じるとともに、とても励みとなりました笑う

 

 

未来の助産師さんが一人でも多くなりますように!!!
一緒に働ける日を楽しみにしていますglitter

 

助産師 宮内

みやした助産院

TAGタグ