スタッフブログ

みんな たいせつないのち

お母さんは
「無事育っているかな」「元気かな」「苦しくないかな」
生まれるまで心配なのですよ
あなたたちがお腹にいた時も同じように
10ヶ月間待ち望まれて生まれてきたのですよ

宮下院長は語りかけました。

先日、小学校に「命の授業」の講師として招かれました。

1年生から6年生まで350人
一人一人の眼差しが注がれました。

エコー動画で赤ちゃんを見たり、実際に心音を聴いてもらったり…
「あっ動いた!」「目が見えるよ」とみんな興味津々

当院で出産予定の妊婦さんにご協力いただきました。

お母さんは二つの命をかけて産むこと
赤ちゃんも頑張って生まれてくること

そして
悲しいことにお腹の中で亡くなってしまう赤ちゃんもいること…

今まで約4000人の赤ちゃんを取り上げ、
多くの母子に関わってきた院長だからこそ語れるものでした。

後日、感想文をいただきました。

命の大切さ、妊婦さんや赤ちゃんのことを知れた嬉しさ、
親に対する感謝の気持ち、将来への期待など
感じたことをそれぞれの言葉で綴ってありました。

一人一人の想いが伝わってきて涙、涙・・・

この気持ちを忘れないで素敵な大人になってほしいな。

みやした助産院

TAGタグ