スタッフブログ

春ですね(おっぱいの卒業)

暖かい日が少しずつ増えてきましたflower2

春は卒業の季節。助産院にも人生で最初の卒業!?といっても過言ではない「おっぱいの卒業」にやってくるお母さんとお子さんも多くみられます。

子どもが突然飲まなくなった。

ご飯もよく食べるから大丈夫だと思って。

夜中の授乳がちょっぴりしんどくなって。

仕事復帰もあるし。

次の子も考えていて。

なんとなくいけると思って。 etc…

断乳や卒乳にくる理由は様々です。お子さんとお母さんが100人いたら100通り、いやいやそれ以上に色んなエピソードがあります。

 

9ヶ月のIちゃんは、先日、突然おっぱいストライキを起こしました。吸ってもらおうとしてもママの抱っこから脱出して遊び始めてしまいます。「おっぱいの調子が悪いのかな」ということで、院長のマッサージを受けましたが、それでもIちゃんは断固拒否!そのうち眠くなってきてしまいましたが、いつものおっぱいが無いのでなかなか眠れずにグズグズ・・・

「飲めばいいのに~」とママもヤキモキ。
色々とお話をしているとママからこんな言葉が。
「最近、4月から保育園に入るからお昼のおっぱいはバイバイだね~、て話してたんだよね」
Iちゃんはママのお話をちゃんと聞いていたのかな。
自分なりに一生懸命お昼のおっぱいバイバイしようと頑張っていたのかな。
子どもってすごいな~

あなどれないな~

と、あらためて感心させられる出来事でしたglitter2
その後、Iちゃんは無事におっぱいを飲んでくれて、ママも一安心。
卒乳はもう少し先になりそうです。

 

おっぱい卒業のタイミングって本当に難しいですよね。
子どものタイミングと母のタイミングと両方を考えるとなかなか決断できない、という方も沢山いらっしゃいます。
もし、時期や方法などでお困りでしたら、ぜひ一度、助産院にご相談くださいね。お子さんの様子やおっぱいの様子、ママの思い、お話をお伺いしながら一緒に考えてみましょう。

卒乳や断乳に失敗はありません。

みなさんおっぱいライフを楽しんでくださいね~flower

みやした助産院

TAGタグ