スタッフブログ

アフリカからの研修

毎年、アジア、アメリカ、アフリカから日本の母子支援の視察でたくさんの方が来られています。

今年も、JICAの研修でアフリカのガーナ、ナミビア、ナイジェリア、ジンバブエ、スーダンから5名の助産師や大学の母子保健担当教員の方々がいらっしゃいました。

産後1日目のお母さんや、母乳外来に来ていたお母さんやお父さんと話をして、制度や文化の違いなどに驚かれていました。

宗教や習慣の違いから、日本ではお父さんが積極的に立ち会い出産したり、育児に関わっていることにとても感心されていました。

お昼ごはんは、日本食(助産院の食事)を召し上がっていただきました。
慣れないお箸に少々戸惑いながらも、’美味しい!’と、喜んで下さいました。

みやした助産院

TAGタグ